温玉ゲット

日記

iPS

iPS細胞は無限に増える能力を持つが、量産は難しい。培養皿で増やす方法では一枚で得られる量が限られる。底の深い容器に培養液を入れて増やそうとすると細胞が底に沈んで増えなくなる。沈まないようにかき混ぜると細胞が傷つくおそれがある。また、細胞の塊が大きくなると内部まで栄養が届かなくなる。 京大の中辻憲夫教授(幹細胞生物学)らは、食品添加物に使われる増粘剤を培養液に加えると細胞が沈まなくなることを発見。別の添加剤で細胞の塊同士をくっつきにくくさせ、大きくなった塊を網目に通して安全にバラバラにする技術も確立した。その結果、培養液200ミリリットルの容器で、直径10センチの培養皿約20枚分の高品質なiPS細胞を得ることに成功した
スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 09:56:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 プラスチックとは想像よりも長く付き合わないといけないようだ。埋立地の邪魔になったり、 北極圏海氷にトラップされるだけでなく、そのうちの一部は岩石へと変わる。科学者たちによると新しいタイプの岩石はプラスチック、火山岩、海砂、貝殻、サンゴが互いに固結したもので、ハワイの海岸に形成され始めているという。

 プラスチックとは想像よりも長く付き合わないといけないようだ。埋立地の邪魔になったり、 北極圏海氷にトラップされるだけでなく、そのうちの一部は岩石へと変わる。科学者たちによると新しいタイプの岩石はプラスチック、火山岩、海砂、貝殻、サンゴが互いに固結したもので、ハワイの海岸に形成され始めているという。
  1. 2014/06/25(水) 09:34:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森林の香りは

森林の香りは「ガン抑制」 マウス実験で実証.
 県立静岡がんセンター研究所(長泉町)は、森林浴などで代表的な香りの成分「α(アルファ)―ピネン」を含んだ環境下で、マウスに移植したがん細胞の増殖が約40%抑制された研究結果を医学生物系英文誌「バイオメディカルリサーチ2012年2月号」に発表した。同研究所は「香り豊かな療養環境が、がんの治療に好影響を与える可能性がある」としている。
  1. 2014/06/20(金) 19:48:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクビ

  人と会話をしている時に欠伸をするのは相手に対して失礼。  もし欠伸が出そうになった時は、舌の先で上唇をちょっと舐めると欠伸を止 めることが出来る。
  1. 2014/06/07(土) 21:19:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0